硬質酸化アルミニウム合金シリンダーチューブの主な特徴

アルミニウム合金の表面処理では、硬酸化と陽極酸化の両方が非常に一般的な表面処理方法ですが、それらの間にはいくつかの違いがあります。では、硬質アルマイト処理されたアルミニウム合金シリンダーチューブの特徴は何ですか?

 硬質酸化アルミニウム合金シリンダーチューブの主な特徴は次のとおりです。

1.高い硬度と優れた耐摩耗性。酸化皮膜は多孔質構造であるため、潤滑剤をよく吸着し、表面の耐摩耗性を向上させます。

2.フィルムが連続しており、ボイドがないため、耐食性と化学的安定性に優れています。

3.高温に耐え、1500℃に達することができ、フィルムの熱伝導率が低いため、断熱性能が良好です。

full-automatic sandblasting machine   sdr   uiso (1)

 


投稿時間:2020年9月2日